大人ニキビを治す!化粧品の選び方・使い方からおすすめまで解説

大人ニキビは化粧品で治す!スキンケアのコツを解説

大人ニキビを治すスキンケアは使っている化粧品のメーカーや効果、特徴も異なります。最近はストレス社会のためか、30代過ぎても大人ニキビの悩みを抱えた女性が多いですよね。

そんな悩みを解消する大人ニキビの化粧品のスキンケアのコツを見ていきましょう。

大人ニキビを治す化粧品は種類が多く市場に出回っていますので、自分の肌に合わせた化粧品を使ったお手入れが大切です。

皮脂コントロールがメインになる思春期と比べると、大人ニキビの場合は肌の働きを活性化させることもプラスしないといけません。そのために一番気を付けたいのが保湿効果で、化粧品に含まれる成分選びがコツになりますよ。

大人のニキビ肌は年齢に合わせてお手入れをしよう

大人ニキビを治すのは簡単ではありませんが、化粧品を見直すだけで予防と改善効果がアップします。

大人ニキビができやすい20代後半~30代前半はアンチエイジングを意識して、肌のターンオーバーを活性化するための有効成分、コラーゲンやヒアルロン酸などをしっかり補いましょう。

すっぴん自慢になるためのスキンケアのポイント

年齢肌でもすっぴんで美しい肌を維持するには、トラブルの予防対策が大切。大人ニキビに特化した化粧品を使った習慣的なスキンケアがすっぴん肌への近道になりますよ。

 

大人ニキビを治す!おすすめ化粧品 3選

大人ニキビの悩みを解消するためには専用の化粧品が効果を発揮します。年齢が徐々に気になる30代過ぎの大人ニキビに良い化粧品をランキングにしました!

ルナメアAC

  • 即効性のある保湿効果
  • アスタリフトで有名な富士フィルムのニキビ化粧品
  • ナノ化した抜群な高浸透力
  • ファイバースクラブで毛穴の汚れもすっきり
  • 水分量が少ない部位を徹底保湿
価格 たっぷり使える14回分1週間お手入れキット1,080円(税込み)初回限定
備考 送料無料・泡立てネットプレゼント

ルナメアACは使用感にクセがなく敏感肌や男性にも大変使いやすい大人ニキビ化粧品。独自の浸透技術は本来皮脂で通過できない水分もしっかり角質層まで届けることができます。

富士フィルムのシリーズは値段が高いタイプが多いのですが、この大人ニキビ化粧品シリーズはほかの化粧品とも併用できるため、大変コスパもよく継続使用できます。

公式ページへ

詳細ページへ

オルビス薬用クリア

  • 浸透型コラーゲン配合
  • ニキビの炎症を抑える甘草エキス配合
  • 独自の浸透技術ディープデリバリー
  • 100%オイルカット
  • たっぷり3週間使えるトライアルセット
価格 3週間分の薬用トライアルセット1,200円(税込み1,296円)おひとり様1点限り
備考 送料無料・最短翌日配送・30日以内返品と交換OK

オルビスのニキビケアシリーズがあることを知らない方もいるようですが、ロングセラー商品で人気のアクアフォースと同様に敏感肌でも使える優しい点が人気

ニキビを根本から作らない為の100%オイルカットの効果はTゾーンのテカリを抑えるメリットもあります。大変お得なトライアルセットはなんとたっぷり3週間分という大容量です。

公式ページへ

詳細ページへ

ビーグレン

  • 低刺激で即効性があるニキビ専用化粧品
  • 乾燥しやすいニキビ肌にピッタリの保湿効果
  • 必要なところに成分をピンポイントで浸透させる独自の技術
  • 贅沢保湿成分4種類配合
  • アンチエイジングしながらニキビケア
価格 ニキビケアトライアルセット7日分1,800円(税抜き)
備考 365日返金保証・送料無料・代引手数料無料

ビーグレンは肌の馴染みが良くニキビ化粧品というよりも普通の化粧品のような使いやすさが人気。大人ニキビの複雑な仕組みに合わせた保湿効果が評価されていますが、同時にアンチエイジングもできる機能性の高さ。

抗炎症や殺菌効果を優先せず、肌本来の働きを回復させるための低刺激な保湿にこだわりを持ったニキビ化粧品シリーズです。

公式ページへ

詳細ページへ

大人ニキビ化粧品を選ぶ前に知っておきたい3つのこと

大人ニキビができるとメイクで隠したり、薬をつけたり色々面倒ですよね。綺麗に治らない時は鏡を見るたびにがっかり。

そんな大人ニキビを治すには専用の化粧品を使った習慣的なスキンケアが欠かせません。まずは化粧品を購入する前に、知っておきたい大人ニキビのケアについて3つのポイントを知っておきましょう。

大人ニキビ化粧品は浸透性が高い有効成分を肌に補うことが大切

大人ニキビの化粧品の成分はとても大切な比較ポイントになります。しかし成分の種類の多さよりも注意すべき点は浸透性の高さ。年齢とともに肌細胞の働きも衰えてくるので、しっかり角質層の奥まで届く浸透性の高い成分、微粒子の有効成分などを選ぶと安心ですよ。

とくに毎日のスキンケアで気を付けたいのが洗顔。洗顔後は肌がダメージを受けているので、素早く保湿をして水分を閉じ込めましょう。ここで浸透性が悪い化粧品を使うと、保湿をしたつもりでも肌が乾燥する原因です。

大人ニキビ化粧品を使ってもニキビが治らない、なんて悩みは有効成分の効き目がなにかしらの原因で発揮できない環境があるのかもしれません。浸透性の高いビタミンC誘導体などを選ぶとニキビ予防の効果が高まりますよ。

大人ニキビは乾燥肌もオイリー肌もケアには保湿が絶対に必要

大人ニキビは思春期ニキビと同様に皮脂のバランスを整えることが大切です。年齢とともに毛穴の開きが目立ち皮脂や古い角質がたまりやすくなるため、ニキビ菌が好む環境が揃っているのです。

大人ニキビのスキンケアでは肌タイプに関係なく保湿をすることが基本。オイリータイプだとどうしても皮脂を抑制するため、肌をさっぱりさせたくなりますよね。

でも皮脂は肌を外部の刺激から守る働きや水分を閉じ込める役割もありますので、洗顔ですべて洗い流してしまうことは避けましょう。

20代後半から30代前半になると肌の老化もはじまり皮脂の分泌も不安定になりますので、アンチエイジングとしても肌の潤いをキープするお手入れが欠かせませんよ。

大人ニキビを悪化させる化粧品は絶対に避けよう

大人ニキビの悩みはほとんどの女性が抱えているトラブルのひとつです。ニキビに特化した化粧品が色々なメーカーから販売されていますが、選ぶものによっては逆にニキビを悪化させてしまう場合があるのです。

せっかく予防対策で使う毎日の化粧品は、肌に合わせて刺激が少ないタイプを選びましょう。

思春期のニキビはアルコール成分など刺激が強い成分が配合された化粧品でも大丈夫だったかもしれませんが、大人ニキビはデリケートな年齢肌に優しく働くタイプでないと安心してお手入れができませんよね。

ニキビ化粧品に求めることは肌のバランスを整え皮脂分泌を安定させること。そして肌細胞にアプローチしてターンオーバーを促進することがコツなのです。

大人ニキビを治す化粧品の知っておきたい基礎知識

大人ニキビを治すためには、ニキビができる原因や思春期ニキビとの違いを理解し、有効成分を配合した化粧品を使ってケアするのが効果的です。大人ニキビをホームケアで治すために知っておきたい基礎知識についてまとめました。

大人ニキビを治す化粧品の基礎知識

ニキビの原因「アクネ菌」は美肌作りに欠かせない存在

私たちの体には常在菌と呼ばれる細菌が住み着いていて、美容や健康を保つためにさまざまな働きをしています。アクネ菌は、皮膚常在菌のうちのひとつ。ニキビの原因菌であることから、悪玉イメージが強いですが、実は美肌のために欠かせない菌でもあるんです。

普段は善玉!アクネ菌は代表的な「日和見菌」

皮膚常在菌は、お肌にとって良い働きをする善玉菌とトラブルを引き起こす悪玉菌にわけられます。表皮ブドウ球菌は代表的な善玉菌で、皮脂を食べて脂肪酸とグリセリンに分解する働きがあります。お肌を弱酸性で潤った状態に保ってくれることから美肌菌とも呼ばれます。

アクネ菌は、普段は表皮ブドウ球菌と同じ働きをする善玉です。しかし増えすぎるとニキビの原因となることから、状況次第でどちらにもなると言う意味で「日和見菌」(ひよりみきん)と呼ばれています。

アクネ菌が増えすぎるとニキビができる理由

アクネ菌は空気が苦手で、毛穴の奥や皮脂腺など空気の入りづらいところに多く存在します。そのため、皮脂や古い角質などが毛穴に詰まると、アクネ菌が大好きな「空気が少なく皮脂が多い」状態になり、増えすぎてしまいます。その結果、毛穴が炎症を起こし、ニキビができてしまうと言うわけです。

殺菌しすぎに注意!皮膚常在菌はバランスが大切

「アクネ菌がニキビの原因」と聞くと「殺菌すればよいのでは?」と思ってしまいますよね。確かに、炎症を起こした状態では、菌を減らすことは効果的です。

しかし、殺菌作用の強い成分は、肌に刺激が強いことも多く、善玉菌も減ってしまいます。すると、肌のバリア機能が低下し、外部刺激に弱い状態になってしまうのです。

皮膚の常在菌はバランスを保つことが大切。大人ニキビ対策は、美肌菌の力を借りながらお肌を健やかに保つスキンケアを心がけるのがポイントです。

大人ニキビ対策は「化粧水」がカギ!選ぶポイントをチェック

大人ニキビ化粧品は、多くの場合

  1. 洗顔料
  2. 化粧水(ローション)
  3. 乳液または美容液

の3つの使用ステップがあります。ビーグレンではこれにQuSomeゲルクリームが加わりますが、化粧水+乳液・美容液は大人ニキビケアの基本です。

大人ニキビ化粧品選びで「化粧水」が重要な理由

大人ニキビは、肌の乾燥で増えすぎた皮脂が毛穴に詰まり、炎症を起こした状態です。できてしまったニキビをケアするためには

  • 乾燥した肌にうるおいを与える成分
  • 炎症を抑える抗炎症成分

が配合された化粧品を選ぶ必要があります。

大人ニキビ化粧品の中でこのふたつを担うのが化粧水。大人ニキビ化粧品選びは、化粧水を中心に選ぶのがコツなのです。

大人ニキビ化粧水はこう選ぶ!

大人ニキビ化粧水は、うるおい成分と抗炎症成分を配合したものを選ぶのがポイントです。これに加えて、

  • ナノ化など浸透力を高める工夫がなされているもの
  • コスパがよいこと

も重要なチェックポイントになります。

有効成分が期待する効果を発揮するためには、角質層の奥までしっかり浸透することが不可欠です。富士フィルムのナノ化技術を活かした独自成分「アクネシューター」配合のルナメアACや、国際特許を取得した浸透テクノロジーQuSomeを使用したクレイローションは、浸透力で定評のある大人ニキビ化粧水です。

また、繰り返しできる大人ニキビを治すためには時間がかかることもあります。あまりにも値段が高いものは続けることができず、ケチケチ使って思ったような効果が得られないのではもったいないですよね。コスパ重視なら、中間コストのかからないネット通販の大人ニキビ化粧水がおすすめです。

人気のある大人ニキビ化粧水は、効果が高い分だけ肌との相性が問題になりがちです。そのため、肌に合うかどうかのチェックが欠かせません。まずはトライアルで試すところから始めてみましょう。返品・返金保証のあるメーカーなら安心ですね。

化粧水だけじゃダメ!大人ニキビ対策に乳液・美容液が必要な理由

「大人ニキビの原因は乾燥と毛穴詰まり」と聞くと、化粧水でたっぷりうるおいを与えればOKで、油分を含むアイテムはむしろ逆効果のように感じてしまいますよね。でも、化粧水だけでは不十分。大人ニキビケアにもやはり、美容液や乳液・クリームなどのプラスワンアイテムが必要です。

化粧水、美容液、乳液の役割を確認

基礎化粧品は、基本的に

①化粧水→②美容液→③乳液・クリーム

の順番で使います。このすべてを使う必要はなく、オールインワンゲルのように全ての役割をひとつでこなすものもありますが、化粧水を使った後には美容液か乳液・クリームを使うのが一般的です。

①化粧水

化粧水の役割は、洗顔後の肌にうるおいを与えることです。しかし、水分を保っておく効果はなく、そのままではせっかく与えた水分が蒸発してしまいます。そのため、化粧水を使った後には、保湿効果のあるアイテムを使う必要があります。

②美容液

美容液は、保湿成分と美白やエイジングケアなど特定の目的に効果が期待できる有効成分が配合されたアイテムです。美容液には、次のふたつの役割があります。

  • 化粧水でうるおったお肌の水分をキープする保湿
  • ニキビ、シミ、シワ、リフトアップなど肌悩みの解消

化粧水の後に美容液を使うことで、補充した水分をキープすることができるとともに、有効成分がより肌に浸透しやすくなります。美容液の効果を最大限に発揮するためには、化粧水の次に使うのがポイントです。

③乳液・クリーム

乳液・クリームは水分と油分をバランスよく含んだアイテムです。乳化させていることから乳液と名づけられました。乳液・クリームには肌をやわらかくする働きがあります。油分が15~20%のものを乳液、25~50%のものをクリームと呼ぶことが多いようです。

スキンケアの常識は時代によって変わる!

「化粧水で潤いを与えて、乳液・クリームでフタをする」と聞いたことはありませんか?従来は、水分をキープするためには、油分が必要だと考えられていました。しかし、近年では、肌の水分を守るためには保湿成分が効果的であることがわかり、油分は必ずしも必要ではないと言われています。化粧水、美容液の後に乳液・クリームを使うかどうかは、肌環境によって判断するのがおすすめです。

ただし、日本では長い間「化粧水の後は乳液」とされてきたため、ほとんど油分を含んでいなくても「乳液」の名前で売られていることもあります。名前だけでなく、配合成分や効果などをしっかりチェックすることが大切ですね。

大人ニキビを治すには「医薬部外品」の化粧品がおすすめ!

ニキビを治す効果で定評のある化粧品は、「薬用」「医薬部外品」の表示があるものが多いのが特徴です。単なる化粧品とも薬とも違う「医薬部外品」とは、いったいどのようなものなのでしょうか。化粧品や薬との違い、特徴をご紹介します。

ルナメアACトライアルキット
ルナメアACトライアルキットの一部。「薬用」「医薬部外品」であることが明記されています。

「医薬部外品」とは

スキンケア製品は薬機法によって化粧品、医薬部外品、医薬品の3つに分類されています。

化粧品は主に肌を美しく健やかに保つためのもので、比較的効果が穏やかで、使い続けるうちに効果が感じられるようになるのが特徴です。

これに対し、医薬品とは「治す」ことを目的としたもので、医師が処方するものと薬局で買えるものがあります。厚生労働省により効果が認められた有効成分が配合されており、効果を実感しやすいのがメリットです。

医薬部外品はこのふたつの中間的な位置づけで、「予防・衛生」を目的として使用されるものです。「薬用」と表示されているものは、医薬部外品にあたります。

人気大人ニキビ化粧品は「医薬部外品」が多い

医薬部外品には、効果が認められた有効成分が一定の濃度で配合されています。効果で比べてみると

化粧品<医薬部外品(薬用)<医薬品

となり、医薬品ほどではないものの、化粧品に比べ大人ニキビに対する効果が実感しやすく、人気のある大人ニキビ化粧品は医薬部外品が多くなっています。

医薬部外品の大人ニキビ化粧品は、できてしまったニキビの炎症を抑える効果とともに、予防にも威力を発揮します。生理前にできやすい周期ニキビや、繰り返す大人ニキビには大人ニキビ化粧品を使ったケアが効果的なのはそのためです。

特に、オルビス薬用クリアは、普段使いできる大人ニキビ化粧品として人気があります。

「医薬部外品」は肌との相性に注意

医薬部外品の大人ニキビ化粧品は、単なる化粧品に比べ、大人ニキビに高い効果が期待できます。その反面、刺激の強い成分が配合されている場合には、肌荒れなどの可能性もあります。効果の高いものほど、肌との相性が問題になりやすいので、必ずトライアルでお肌との相性をチェックしましょう。

ノンコメドジェニック化粧品って?オイルフリーとの違いを解説!

化粧品の表示を確認していて「ノンコメドジェニック」と言う表記を見たことはありませんか?基礎化粧品だけでなくファンデーションなどベースメイク商品でも増えているノンコメドジェニック化粧品。ニキビとの関係やオイルフリー化粧品との違いについて解説して行きます。

「ノンコメドジェニック」とは

コメドとは英語でニキビのこと。日本語では「面皰」(めんぽう)とも呼ばれ、初期ニキビを指します。炎症を起こす前の白ニキビ、黒ニキビと言われるものがコメドです。

ノンコメドジェニックは「コメドができにくい」と言うことで、ノンコメドジェニック化粧品とは、ニキビができにくい化粧品と言う意味になります。

ノンコメドジェニック化粧品の種類

ルナメアACはすべて「ノンコメドジェニックテスト済」。注意書きもしっかり記載されています。

ノンコメドジェニック化粧品は、単に「ノンコメドジェニック」と表記されているものと、「ノンコメドジェニックテスト済み」と表記されているものの2種類があります。

ノンコメドジェニックと表記されているものは、ニキビができやすい成分を使用していないと言うことですが、ノンコメドジェニックテスト済み化粧品は、実際にニキビができにくいかどうかのテストを行っています。

テストは、皮脂腺の多い背中などで実際に数回使用して、コメドができていないことを確認する方法で行われます。実際にテストしている分だけ、信頼性は高いと言えるでしょう。

ただし、どちらの化粧品も、すべての人でニキビができないというものではなく、ニキビを治すわけではない点に注意が必要です。

オイルフリー化粧品との違い

オルビス薬用クリアは100%オイルカット処方。オイルフリーながら高保湿を実現しているのが特徴。

「ニキビができやすい成分」と言われて真っ先に思い浮かぶのが「油分」ですよね。油分の入っていないオイルフリー化粧品は、ニキビができにくいイメージがありますが、一概にそうとも言い切れません。

大人ニキビは乾燥と毛穴詰まりが主な原因です。洗顔料で毛穴汚れをしっかり取り除き、化粧水でたっぷりとうるおいを与えるのが大人ニキビケアの基本ですが、それだけでは不十分。補充した水分をキープするためには、美容液や乳液などのアイテムが必要です。

オイルフリー化粧品は脂性の方には適していますが、乾燥肌やエイジング肌には物足りないこともあります。大人ニキビ化粧品は、肌質に合わせて選ぶことが大切です。

大人ニキビを治すのにピーリングは有効?ニキビ跡にも効果あり

美意識の高い女性たちに人気のピーリング。ホームケア用の製品も多数販売されており、大人ニキビを治すのに有効だと話題です。ピーリングが大人ニキビやニキビ跡に効果的な理由と注意すべき点についてご紹介します。

「ビーリング」とは?

ピーリングは「皮をむく」と言う意味の英語です。美容で使われるピーリングとは、肌の古い角質をはがすこと。皮膚の表面に溜まってしまった古い角質を取り除くことで、肌の新陳代謝を促し、本来の明るく透明感のある肌に導く効果が期待できます。

ピーリングは角質を取り除く方法によって、大きくふたつに分けることができます。ひとつは物理的に角質を取り除く方法で、美容クリニックで行われているクリスタルピーリングやレーザーピーリングがこれにあたります。

もうひとつは薬剤を使うケミカルピーリングと呼ばれるもの。皮膚科などの医療機関で受けられるほか、自宅で手軽に使えるホームケア商品も多数販売されています。

大人ニキビを治すのにピーリングが有効な理由

私たちの肌はターンオーバーと呼ばれる一定の周期で生まれ変わっていますが、加齢やストレス、紫外線などの刺激でターンオーバーが乱れると、古い角質が残り、毛穴が詰まりやすくなります。その結果、アクネ菌が増えすぎて炎症を起こし、ニキビができやすくなるのです。

ピーリングには古い角質を取り除き、ターンオーバーを正常化する働きがあるため、大人ニキビを予防する効果が期待できます。

赤み、浅いクレーター跡にも効果あり

ニキビで炎症がひどくなると、赤みが消えなかったり、茶色い色素沈着が残ることがあります。赤みや色素沈着タイプのニキビ跡は、ターンオーバーにより薄くなるので、ターンオーバーを活性化するピーリングはとても効果的。古くなった角質と一緒にメラニンも排出されるので、肌の透明感もアップしますよ。

また、ピーリングには、線維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成をサポートし、凹んだ皮膚を盛り上げる効果も期待できます。そのため、浅いクレーター跡を目立たなくすることも可能です。ただし、深いクレーター跡の場合には、皮膚科での治療が必要になります。

要注意!ピーリングでニキビが悪化することも…

大人ニキビやニキビ跡の改善にうれしい効果が期待できるピーリングですが、使用するピーリング剤や頻度、使い方によっては肌に刺激が強すぎる場合があります。

ニキビケアに使う場合には、フルーツ酸と呼ばれるAHAなど肌にやさしい天然由来成分のピーリング剤を選び、コットンで拭き取るタイプやスクラブなど刺激の強すぎるものは避けるのがおすすめです。使用頻度を守るとともに、敏感肌・乾燥肌の方は、二の腕など目立たない部分で試してから使うようにしましょう。

大人ニキビを治す!化粧品の有効成分を徹底解説!

大人ニキビを治す化粧品の有効成分

大人ニキビを治す化粧品に配合されている有効成分は、働きにより次のように分類されます。

  • 過剰な皮脂の分泌を抑制する成分
  • 肥厚化した角質を柔軟・溶解する成分
  • 菌の繁殖を防ぐ殺菌・抗菌成分
  • ニキビの炎症を抑える消炎・抗炎成分

医薬部外品の大人ニキビ化粧品には、このうちのひとつ、または複数の成分が配合されており、その他の成分との相乗効果で大人ニキビを治す効果を発揮します。

また、大人ニキビは乾燥による毛穴詰まりが原因なので、効果で定評のある大人ニキビ化粧品には、うるおい成分や保湿成分が配合されたものが多いのも特徴です。代表的な有効成分と効果について見て行きましょう。

グリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス):抗炎症作用

グリチルリチン酸は甘草の根に含まれている成分で、古くから漢方薬として親しまれて来ました。グリチルリチン酸ジカリウム、グリチルリチン酸二カリウム、グリチルリチン酸2kと呼ばれることもあります。

グリチルリチン酸には強い抗炎症作用があり、風邪薬などの医薬品や皮膚科治療にも使われています。ニキビ化粧品に含まれているほか、炎症を起こしやすい敏感肌用化粧品にも配合されることも多く、石鹸・シャンプーなどにも使われている安全性の高い成分です。クレアラシルなどの有名なニキビ治療薬に配合されていることからも、ニキビへの効果がわかりますね。

グリチルリチン酸ステアリルは、グリチルリチン酸ジカリウムよりもさらに強力な抗炎症作用があり、油溶性のため皮脂になじんで浸透しやすいのが特徴です。

グリチルリチン酸は炎症を抑える作用があるため、炎症を起こした状態である赤ニキビの症状を緩和する効果が期待できます。ただし、赤ニキビが進行して膿が溜まり黄ニキビになってしまった場合には、皮膚科を受診するのがおすすめです。

ビタミンC誘導体:皮脂分泌抑制作用、抗酸化作用、美白作用

ビタミンC(科学名:アスコルビン酸)は、レモンなどに多く含まれる水溶性のビタミンで、高い抗酸化力があることで知られています。美容面では

  • 活性酸素を除去し、炎症を抑える作用
  • 過剰な皮脂分泌を抑える作用
  • メラニン生成を抑制する美白作用
  • コラーゲンの生成をサポートし、ターンオーバーを促進する作用

などうれしい効果がたくさん。大人ニキビ・ニキビ跡を治すのに非常に効果があります。

美肌作りにかかせないビタミンCですが、非常に不安定なため化粧品に配合するのは難しく、肌に塗ってもほとんど吸収されません。そのため、皮膚に浸透しやすく安定した「ビタミンC誘導体」の形で配合されます。肌に塗ると酵素反応でビタミンCに変化するため「誘導体」と名付けられました。

ビタミンC誘導体は

  • 水溶性
  • 油溶性
  • 両方の性質を併せ持つ両親媒性

の3つがあり、それぞれ次のような特徴があります。

水溶性ビタミンC誘導体

アスコルビン酸をリン酸と結合させて肌に浸透しやすくしたもので、化粧水や美容液などに配合されることが多い成分です。即効性がある反面、皮脂をコントロールする力が強く肌が乾燥することもあるので注意が必要な成分でもあります。

  • リン酸アスコルビルMgマグネシウム
  • リン酸アスコルビン酸ナトリウム

油溶性ビタミンC誘導体

アスコルビン酸を油分と結合させて浸透力を高めたもので、主にクリームなどに配合される成分です。水溶性に比べると即効性は劣りますが、角質層の奥まで浸透し、美白効果が高いのが特徴です。

  • テトラヘキシルデカン酸アスコビル
  • ステアリン酸アスコビル

両方の性質を併せ持つ両性ビタミンC誘導体

水溶性・油溶性の両方のメリットを併せ持つアスコルビン酸2リン酸6パルチミン酸(APPS・アプレシエ)は、進化型ビタミンC、浸透型ビタミンCとも呼ばれます。低刺激で浸透力が高く、コラーゲンの生成をサポートしてくれるので、エイジングケア効果も期待できる嬉しい成分です。

パントテン酸(ビタミンB):皮膚細胞の活性化

ギリシャ語で「どこにでもある酸」と言う意味のパントテン酸は、名前が示す通り多くの食品に含まれる水溶性ビタミンです。ビタミンB群の一種で、かつてはビタミンB5と呼ばれていました。

ビタミンB群には、皮脂の分泌を調整し、ターンオーバーを正常化する働きがあります。ターンオーバーにより古くなった角質と一緒にメラニンも排出されるので、赤み、色素沈着によるニキビ跡を予防する効果が期待できます。

さらに、ビタミンB群には、肌のうるおいを保つセラミドなどの細胞間脂質を増加させる働きもあります。大人ニキビの原因である肌の乾燥を防ぎ、バリア機能を高めてニキビができにくい肌に導いてくれるのはうれしいですね。

8つあるビタミンB群の中でも、パントテン酸(B5)とナイアシンアミド(B3)は、肌に直接塗ることで高い効果が期待できることから、ニキビ化粧品に配合されることの多い成分です。ニキビ対策だけでなく、普段使いのスキンケアにも効果的な成分だと言えます。

トコフェロール(ビタミンE):抗酸化作用、抗炎症作用

トコフェロールとはビタミンEのことで、脂溶性ビタミンの1種です。ビタミンEには高い抗酸化力があり、エイジングケア成分としても注目を集めています。

ビタミンEは非常に不安定な成分で肌への浸透力も低く、そのままの形では化粧品に配合することが難しいため「ビタミンE誘導体」の形で配合されています。

トコフェロールには炎症を抑える作用があり、ニキビの跡に残った赤みを取り除く効果が期待できます。角質層のセラミドを増やす働きもあり、肌の保湿力・バリア機能を高めてくれるので、大人ニキビの予防にも効果的です。

トコフェロールは脂溶性のため、水にとけにくく、化粧水に配合しづらいと言う欠点があります。トコフェリルリン酸Naはこの点を克服した成分で、水と油の両方に溶けやすく、しかも浸透力が高いと言うメリットもあります。トコフェロール配合の化粧品を選ぶときには、トコフェリルリン酸Naのものを選んだ方がより高い効果が期待できます。

サリチル酸:角質柔軟・溶解作用、殺菌作用

サリチル酸は柳の木などに含まれる成分で、古来より解熱・鎮痛剤や食品の防腐剤として使われて来ました。濃度により作用が異なる特徴があり、現在ではイボの治療や化粧品に使われることの多い成分です。

サリチル酸には殺菌作用があり、ニキビの原因「アクネ菌」の増殖を防ぐことができます。角質を柔らかくするピーリング効果もあり、毛穴詰まりを防いでニキビ予防に効果的なことから、ニキビ化粧品に配合されることも多い成分です。有名なプロアクティブにもサリチル酸が配合されています。

サリチル酸はもともと高い刺激性があり、化粧品への配合は0.2%が上限と厳しく制限されています。また、接触性皮膚炎の可能性も指摘されていることから、敏感肌、乾燥肌の方やアレルギー体質の方は注意が必要です。

また、ピーリング系のニキビ化粧品は、一時的に肌のバリア機能を低下させてしまいます。サリチル酸はどちらかと言うと皮脂の過剰分泌が原因の思春期ニキビケアに適した成分です。大人ニキビケアには、肌のバリア機能を高める成分を配合したものを選ぶのがよいでしょう。

アラントイン:抗炎症作用

アラントインは牛の羊膜から発見された成分で、コンフリーなどの植物やカタツムリ粘液などにも含まれています。

アラントインには抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗刺激作用があり、赤みニキビの改善が期待できます。敏感肌の方でも安心して使うことのできる安全性の高さが魅力の成分です。

また、アラントインにはさらに細胞の増殖を促し、ターンオーバーをサポートする組織修復賦活(ふかつ)作用もあります。そのため、ニキビ跡の改善にも効果的です。

「大人ニキビ」に関するよくある質問

大人ニキビに関するよくある質問とそれに対する答えをまとめました。悩み解消のための関連情報も併せて掲載しています。

  1. 大人ニキビが30代になってもできるのはどこか体が悪いのでしょうか。
  2. 大人ニキビの肌に良いといわれるクレイ洗顔料を買うか迷っているのですが、オススメのタイプってありますか。
  3. 大人ニキビは皮膚科で治療した方がいいですか?

大人ニキビが30代になってもできるのはどこか体が悪いのでしょうか。

現在30歳のOLです。生理前になるととてもひどい大人ニキビがいまだにできます。これって体が悪いサインなのですか?

大人ニキビは20代から30代がピークなので健康状態に関係なくニキビができます。一般的に大人ニキビといわれるものは20代からできるもので、30代後半になると徐々に減少する傾向がありますが全くできないわけではないのです。

30代になると女性ホルモンも減り始めますし、生活習慣なども影響して大人ニキビができる環境はそろっています。生理前になると肌の働きが不安定になるため、ホルモンに働きかけるスキンケアや基礎化粧品を使うと予防対策がしっかりできますよ。

知ってた?大人ニキビができやすい年齢は30代!

大人ニキビは20代がピークだと思われがちですが、実際には30代の方が頻繁に起こりやすいのです。しっかり治さないといつまでも残るニキビ跡になりますので、それぞれの肌タイプや体質を理解して正しいスキンケアをすることが大切ですね。

なぜ30代は大人ニキビができやすいのか?

30代の肌は老化が徐々に始まるともに、皮脂量も不安定になりやすい年齢です。肌の働きが不安定になる背景があるだけでなく、30代は生活でのストレスやホルモン分泌の変化などにより肌トラブルがとても多いのです。

また食生活もいつまでも20代のような不規則な習慣を続けていると、30代になったとたんに肌への悪影響が出てしまいますよ。

30代になったら大人ニキビが減ると油断してはいけません。20代よりも30代前半の方が大人ニキビができやすいことをしっかり頭に入れておきましょう。

年齢に合わせた大人ニキビ対策を始めよう

30代になるとアンチエイジングをそろそろ始める年代。肌の細胞の働きが衰える為、ニキビケアも年齢に合わせて行うことが大切です。思春期の時に使っていたニキビ用のスキンケアだと刺激が強く、バリア機能を破壊してしまいます。

過剰な皮脂を抑えることばかりを意識すると、つい乾燥肌にもなりやすい年齢。ニキビ用のスキンケアを選び際は年齢肌に合わせて刺激の少ないタイプを使うことが大切です。

また抗酸化作用が高いビタミン類などもニキビケアにプラスすると安心ですよ。

生理前などホルモンの働きを意識したニキビ対策が効果的

大人ニキビは40代になるとホルモンの分泌が減少するために徐々に減る傾向があります。30代のピーク時期をうまく乗り越える為にはホルモンに働きかけるスキンケアがとてもメリット

例えば生理前の敏感な肌には無理をしないお肌のお手入れや保湿をたっぷりするなど、生理周期に合わせて効率的なニキビ対策をするとよいでしょう。もちろん生理前は食生活や生活習慣にも注意することが大切ですよ。

大人ニキビの肌に良いといわれるクレイ洗顔料を買うか迷っているのですが、オススメのタイプってありますか。

大人ニキビの悩みがあります。化粧品はニキビ用でなく普通のタイプ。まずは洗顔料からニキビに良いもの変えようと思っているのですがクレイ洗顔料のオススメについて教えてください。

クレイは泥成分でお馴染みですが、汚れを吸着させるので毛穴の奥までしっかり綺麗になるメリットがありますよね。大人ニキビを治す化粧品にもクレイを使ったタイプが色々ありますが、洗顔料は毎日使うものなので肌に安全なタイプを選ぶことがまず必要です。

保湿力が高いタイプ、敏感肌でも使えるかどうかなど、できればサンプルでまずはお試しした方が確実だと思いますよ。返金制度があるメーカ―の商品も参考にしてみましょう。

大人ニキビにクレイ成分がよい3つの理由とは?

クレイ成分の洗顔料は大人ニキビの化粧品でとても人気がありますが、効果を実感するためにはクレイの働きについてまずは理解しておきましょう。クレイの驚きの効果は大人ニキビがない人もぜひ必見です!

クレイには美肌によいミネラルが豊富に含まれているため

クレイにはミネラル成分が多く含まれていますので、お肌にはとてもメリットがあります。コラーゲン分子の結合を促進する酵素を作りだす働き、また紫外線から肌を守る、アンチエイジングなど女性には大変嬉しい効果がたくさん。

クレイは色々な種類がありますが、もっともポピュラーなものが「カオリン」と呼ばれるタイプで、血行促進の働きがあります。

また「モンモリロナイト」と呼ばれるクレイは吸着力が高いのでニキビ用のコスメとして使われることが多いですよね。どんな目的で使うのかクレイの種類を見極めて化粧品を選ぶといいですよ。

優れた吸着力があるので毛穴の汚れがしっかり取れる

普通の洗顔料は表面の汚れは取っても毛穴の奥まできれいにするのはちょっと難しいですよね。天然クレイの粒子はナノサイズでしかもマイナスイオンである特徴があります。

そのため毛穴の古い角質や皮脂などの汚れを磁石のように吸い取るため、汚れがなくなるだけでななく、洗顔だけで肌の透明感がアップするという嬉しい効果もあるのです。ニキビ菌も吸着することから、大人ニキビ用の化粧品を選ぶ時にはぜひクレイ洗顔料も選択肢に入れておくといいですね。

洗浄力と保湿のバランスが普通の洗顔料よりも良い

一般の洗顔料は洗浄力が強く脱脂力が強すぎる傾向があります。洗顔後肌がつっぱる状態では乾燥肌になるリスクが高く、その点クレイ成分は洗浄力と保湿のバランスがうまくとれる点が大人ニキビにも有効的なのです。

大人ニキビケアの基礎は毎日の洗顔と保湿が命。しっとり洗顔できるクレイ成分をプラスして、美肌に向けたニキビケアを始めましょう。大人ニキビには天然クレイが最も効果がありますので含有量もチェックして選んでくださいね。

大人ニキビは皮膚科で治療した方がいいですか?

大人ニキビが20代後半からひどくなり、30歳になった今でも定期的にニキビができます。皮膚科で治療を考えているのですがメリットやデメリットについて教えてください。

ニキビの治療は皮膚科で治すのが一番効果的と思われがちですが、病院で治療しても日頃のスキンケア方法や生活習慣を見直さないと大人ニキビの根本原因は改善されません。

病院ではケミカルピーリングや抗生物質、内服薬などを使って治す方法があります。すでにあるニキビが治ったとしても、新たにできるニキビは普段の予防次第なので病院に通うかどうかは慎重に判断しましょう。最近はとても効き目がよい大人ニキビの化粧品もあるので参考にしてくださいね。

大人ニキビを皮膚科で治すメリットとデメリットについて

大人ニキビはしっかり治療しないとクレーターのようなでこぼこや、色素沈着したシミとしてずっと残ってしまいます。年齢とともに肌の働きも減少するため、皮膚科で治療することも時には必要ですが、まずは知っておきたいメリットとデメリットについて理解しておきましょう。

皮膚科で行う大人ニキビの治療方法について

皮膚科で行う大人ニキビの治療は様々。主に行われるのは抗生物質、またはホルモンの働きを安定させる内服薬を服用する方法、殺菌や炎症を抑える外用薬、皮脂の分泌を安定させる外用薬などを処方があります。

大人ニキビの初期段階ならば、専用の器具を使ってニキビに穴をあけて古い角質や皮脂を取り除く面皰圧出という治療もありますよ。ほかにもニキビ跡の治療として、ケミカルピーリングで肌のターンオーバーを活性化する方法など、ニキビの状態に合わせた治療方法が行われています。

病院で大人ニキビを治すメリットについて

ニキビは自己流にケアしてしまうと、いつまでも残るニキビ跡になる可能性があります。また雑菌が入り化膿するなど悪化させてしまう場合も多いのです。

病院で治すメリットは専門医にケアしてもらうので安心であること、また保険適用で処方してもらえる治療薬も多い点が魅力です。自分でニキビケアをするよりもスピーディに治せることがなによりも魅力ですね。

大人ニキビを病院で治療するデメリットは?

大人ニキビを病院で治しても、いつまでも乱れた食生活や睡眠不足、ストレスがあれば新たなニキビは繰り返しできてしまいます。一時的に治療の効果は期待できますが、ニキビができやすい肌質へ改善するのは毎日のお手入れ次第なのです。

また医師により治療の効果にばらつきがある、通院が必要なので面倒、薬によっては副作用が出るデメリットもあります。

大人ニキビを治す方法として病院に通うことも効果的ですが、即効性を期待するよりも大切なのは肌に合わせたスキンケアや生活習慣の見直しをすること。大人ニキビ用の化粧品は簡単に毎日使えますし肌に負担なく継続できます。

コメントは受け付けていません。