大人ニキビ化粧品で敏感肌も一緒に改善する方法

大人ニキビ化粧品は敏感肌タイプや脂性肌タイプなど種類がたくさんあり、老舗メーカーからも様々な商品が販売されています。それぞれの機能性を最大限に活用すると大人ニキビ化粧品で敏感肌の改善もできますよ。そこで早速ですが、どんなタイプの大人ニキビ化粧品が敏感肌に良いかポイントをご紹介しましょう。

敏感肌によい大人ニキビ化粧品はこんな点を意識して選ぼう

ニキビができる時って肌が敏感になっていますよね。アクネ菌により炎症を起こして痛みやかゆみなど不快な症状が続く場合もあります。大人ニキビ化粧品はそんなデリケートな肌に向けて作られたものなので、長く使えば敏感肌の肌質改善にもメリットになるのです。

そこでまず選ぶ際に注意したいのが敏感肌に適しているかどうか。人工香料、保存料、鉱物油などの添加物は敏感肌にとって負担になりますので、無添加の大人ニキビ化粧品を選ぶか、敏感肌用として作られたタイプを使ってください。

またいきなり購入して失敗しないように、トライアルがある商品や返金保証があるタイプにすると万が一の時にも安心ですよ。

保湿成分と浸透性をチェックすること

大人ニキビ化粧品で敏感肌を改善する際には、必ず保湿成分と有効成分の浸透性についてチェックしてください。大人ニキビは肌の表面の醜い症状が一番気になる点ですが、たとえ治りかけていけても角質層内でまだ炎症を続けている場合もあるのです。

乾燥肌は表面のかさつきを治すのでなく、奥からうるおいでアプローチしないと長続きしません。保湿成分のヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、また浸透性の高いビタミンC誘導体などを配合した大人ニキビ化粧品がオススメです。

殺菌効果を重視する10代とは異なり、大人ニキビ化粧品は肌のバリア機能を回復してターンオーバーを活発にすることも目的のひとつです。敏感肌を強化するためには浸透性の良い保湿成分が必要だということですね。

敏感肌が注意したいニキビスキンケアのポイント

敏感肌が大人ニキビ化粧品を使う時は、使い方にも少しだけ注意しましょう。初めてのブランドを使う際はまずパッチテストをして肌に合うかどうかチェック。普通肌と敏感肌の一番の違いはバリア機能なので、刺激を受けやすい敏感肌は摩擦回数もできるだけ減らして肌のお手入れをしましょう。

洗顔は泡をたっぷり使い摩擦しないこと。化粧水をつけるときはコットンでこすらず、清潔な手のひらに化粧水をのせてハンドプレスしてください。
また乾燥しやすい頬、ニキビができやすいアゴやおでこなどは化粧水を重ねつけしてしっかり保湿しましょう。大人ニキビ化粧品は今ある症状をなくす薬ではなく肌質を改善するためのもの。長く使用してこそ本当の効果がわかりますよ。

コメントは受け付けていません。