大人ニキビ化粧水のしっとりとさっぱりどっちがいいの?

大人ニキビ化粧品にはしっとりとさっぱりタイプにわかれているブランドがありますが、果たしてこの違いは使用感だけなのでしょうか。ニキビケアを効率的に進めるためには、大人ニキビ化粧品のしっとりとさっぱりが、どんな人に向いているか違いを知っておきましょう。

しっとりとさっぱりの違いは使用感だけ

大人ニキビ化粧品を買う時、しっとりにするかさっぱりにするかとても迷いますよね。そもそもこのようにタイプがわかれている化粧品って効果も違うのかな、って気になりませんか。

ほとんどの場合違いは使用感のみで、化粧水の基本的な効果については違いはありません。テクスチャーを変えるために配合成分が若干違いますが、化粧水としての機能性は同じです。そのためどちらにしようか迷った時は、好きな使用感を選べばよいということ。
ただし大人ニキビ化粧水のしっとりとさっぱりは、ラベルだけを見てもわかりませんので実際にトライアルなどで試してみるとよいでしょう。

また使用感の違いにこだわりすぎるよりも、本来のニキビケア効果を意識しないといけません。そのためには正しい使用量で毎日ニキビ肌のお手入れをしてくださいね。

しっとりタイプがオススメなのはこんな肌

大人ニキビ化粧水のしっとりタイプがオススメなのは肌がかさつきやすい人です。乾燥が進むと頬が赤くなったりヒリヒリしやすい人は、しっとりタイプで保湿をしたほうが肌の表面がスムーズになりますよ。

そもそもニキビ肌は皮脂の分泌量が不安定なことが原因のひとつ。皮脂量が多いのはオイリー肌だけでなく乾燥肌にも同じような症状がおこります。Tゾーンだけ脂が浮いてしまう混合肌もしっとりタイプを使ったほうがよいでしょう。

もしくは大人ニキビ化粧品を選ぶ際に、保湿成分が十分配合されたものならたっぷり使って乾燥肌対策ができます。しっとりタイプの化粧水は乾燥しやすい部分だけに使うなど、エリアごとにタイプを使い分けるのも方法のひとつですね。

さっぱりタイプがオススメなのはこんな肌

さっぱりタイプがいいのは皮脂のべたつきがひどい人やもともとオイリータイプの人。皮脂は肌の潤いをなかに閉じ込めておくフィルムのような働きを持っています。オイリータイプの肌は水分が少なく潤い不足なのに皮脂が多い点が特徴。このような肌にオススメな大人ニキビ化粧水は、さっぱりタイプで保湿成分の浸透性が高いものがよいでしょう。

内側からしっかり保湿ができ、しかも肌の表面はさっぱり。これなら夕方のTゾーンの脂はさほど気にならなくなりますね。どうしても皮脂が気になる時はコットンや油取り紙を使って肌をさっぱりさせるのも方法のひとつですよ。

オイリー肌が注意したいのはべたつきをなくすために皮脂を取りすぎて、逆に肌が乾燥してしまうことです。大人ニキビ化粧水はしっとりかさっぱりの使用感を生かして、快適で効率的なスキンケアにプラスしましょう。

コメントは受け付けていません。