大人ニキビ治す化粧品は本当にあってる?効果を出す秘訣

清潔と治療薬が効果的な思春期ニキビと違い、大人ニキビを治すためにはスキンケアが効果的です。大人ニキビ治す化粧品で人気のあるものの多くは医薬部外品で、厚生労働省によって効果が認められた有効成分が一定の割合で配合されています。そのため、肌に合わない場合にはかえって肌状態を悪化させてしまうことにもなりかねません。トライアルでお試ししてから使うのはもちろん、期待する効果を得るためには使い方に工夫することが大切です。

女性ホルモンとの関係に注意!

大人ニキビの中でも「周期ニキビ」と呼ばれるものは、女性ホルモンと深い関係があります。お肌の調子が生理周期に左右されることは女性なら多くの方が実感しているはずです。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、美肌ホルモンと呼ばれるエストロゲンが優位の間はお肌の調子が良いですが、プロゲステロンが活発になると大人ニキビができやすくなります。周期ニキビに対策するためには、肌のバリア機能を高めることが大切。保湿をメインに肌力をアップする成分を配合した大人ニキビ化粧品を使うのがポイントです。

年代別の肌悩みに対応できる化粧品でやさしくケア

思春期特有の症状である思春期ニキビに対し、大人ニキビは10代後半から50・60代まで幅広い年代で繰り返しできやすいのが特徴です。大人ニキビ治す化粧品は、ニキビケアだけでなく年台特有の肌悩みを解消するものを選ぶのがコツ。使うときには使用量・順番を守るとともに、手のひらを使ってやさしく肌になじませることも大切。こすり過ぎて肌に摩擦の負担を与えないようにご注意くださいね。