大人ニキビ化粧品のルナメアACが合う人と合わない人の違いとは?

大人ニキビを治す化粧品は自分の肌や症状に合わせて選ばないと、効果がないだけでなく肌に負担がかかりニキビが悪化する可能性もあります。大人になってからのニキビはしっかり治さないとニキビ跡が残り、そうなるとさらにお手入れが厄介ですよね。すっぴん肌で自信をつけるためには、肌の土台からしっかりスキンケアをすることが大切。

そのためにも自分の肌に一番合う大人ニキビを治す化粧品を選びたいですね。そこで早速ですが人気の商品、ルナメアACについてどんな人に有効的なのかいくつかの特徴を見ていきましょう。

↓↓お得なWEB購入はコチラから↓↓

ルナメアACを選ぶときに知っておきたいのは

  • ファイバースクラブの働き
  • アクネシューター
  • ハーバルモイストエキス
  • 合う肌
  • 合わない肌
  • 使い方
  • ニキビ肌に良いこと

以上7つのポイントについてみていきましょう。

毛穴のつまりを綺麗にするファイバースクラブ配合

大人ニキビは10代のニキビ肌のように皮脂やホルモンだけが理由でなく、もっと複雑な要因がいくつも重なっています。20代後半以降はまだ年齢が若いのでつい油断してしまいますが、実はもう肌の老化が徐々にスタートしているんです。そのためターンオーバーも乱れがちになり、古い角質がはがれて新しい角質層が生成される際に、古い角質が毛穴に詰まってしまう場合があります。

ルナメアACはファイバースクラブという糸状の繊維が含まれているため、毛穴の奥に入りしっかり毛穴の汚れがとれる効果があります。ファイバースクラブは圧力がかかると変形するため、複雑な形をした毛穴にもすっと入りこみとても洗浄効果がでる点が魅力ですね。

一般的な大人ニキビ化粧品は殺菌タイプと固形スクラブがあります。殺菌タイプはアクネ菌を除去してくれるのはいいのですが、その時に善玉菌や悪玉菌なども一緒に殺してしまうので大切な菌のバランスが崩れる原因。すると肌あれになってさらに皮脂が多く分泌されてしまいます。固形スクラブもビーズのようなこまかい粒が毛穴のつまりを取り除く働きをしますが、ざらっとしたスクラブは肌に極端な負担をかけてしまい、ダメージを与える原因になります。

アクネシューターで浸透力がアップ

ルナメアACは富士フィルムの商品で、大人ニキビを治す化粧品として独自の技術を導入しています。「アクネシューター」と呼ばれる技術は本来肌がもつ油成分を使い、水と油を結合させて毛穴に吸い込まれるようにしたもの。このおかげでさらにニキビによい有効成分やうるおい成分が、ニキビの根本までしっかり届くようになるのです。

ニキビ化粧品は浸透性が勝負。肌に押し込むように化粧水をつけても浸透性が悪いタイプだと肌表面で蒸発してしまいますよね。アクネシューターは本来ははじき返す水と油の関係に着眼し、毛穴の脂分に成分が吸い寄せられるように開発している点が特徴。皮脂が過剰に分泌されるとニキビができやすくなりますが、皮脂を完全になくすことは不可能です。そこで逆に皮脂を使って有効成分をしっかり浸透させたものが、富士フィルムだけのアクネシューターなのです。

また吸い寄せられる働きをより活性させるために、富士フィルムでは写真技術で長年培われてきたいナノ技術を採用していることも特徴。有効成分が小さな粒子になり光を透過して底面が見えるほどの分子の細かさ。このナノ技術のおかげで毛穴の奥深くまで、大人ニキビを根底からやっつける効果へとつながっているのです。

4種類のハーバルモイストエキスを配合した抜群のうるおい

大人ニキビを治す化粧品に欠かせないのは保湿やうるおい効果。ルナメアACには4種類のハーバルモイストエキスと呼ばれるうるおい成分を配合しています。セイヨウナシ果汁発酵液・ヒオウギ抽出液・ビルベリー葉エキス・アーティチョークエキスの4つはローションやクレンジングオイル、ファーバーフォームなどにそれぞれ使用され、うるおい効果をさらに促進してくれます。天然成分が肌に優しく浸透するので、大人ニキビができやすい敏感肌な肌でも安心して使えますね。

ハーバルモイストエキスは天然由来成分をさらに機能させるために、独自技術の有効成分グリチルレチン酸ステアリルや天然ビタミンEなど独自の複合成分も配合しています。

大人ニキビはオイリー肌だけでなく、乾燥して皮脂バランスが悪いときにもできやすいことは知らない人も意外と多いようですね。肌がテカるのでさっぱりした化粧品のほうがいい、とアルコール成分を配合した刺激の強い大人ニキビ化粧品を使うと、さらに肌がダメージを受けて乾燥する原因になるのでご注意くださいね。

ルナメアACが合う人

ルナメアACはほかの化粧品と同様にもちろん合う人と合わない人がいます。人気があり口コミでも評判になっていますが、事前に調べずに飛びついて失敗するのはちょっと残念ですよね。そこでまず知っておきたいのがルナメアACが合う人。大人ニキビといってもタイプや症状が色々ありますので、ルナメアACは毛穴汚れが気になる人にオススメといえるでしょう。

オイリータイプの肌で皮脂で毛穴がつまりやすい肌質は、ルナメアACの毛穴ケアがとても効果的。また化粧品を買う際に信頼できるメーカーでないと不安という人にも、この商品は富士フィルムから販売されていますから安心ですね。

大人ニキビ肌のケアは皮脂バランス、乾燥予防、美白などあらゆる面からアプローチしないといけません。しかし一番気になる点をターゲットにしないと化粧品の効果がわかりにくいものです。ルナメアACは大人ニキビの中でも潤いを与えながら毛穴対策をしたい人に有効的です。

さらに人気の洗顔フォームはファイバースクラブが入っていますので、優しく肌の汚れを落としたい人にもよいでしょう。ファイバースクラブは通常のじゃりっとした感触がなく、スクラブが入っているのかわからないほと粒子が細かいので敏感肌でも安心です。またノーマルタイプとしっとりタイプがあるので、さらに肌に合わせて選べる点も魅力です。

公式キャンペーンサイトはこちら↓↓

https://fujifilm.jp/

ルナメアACが合わない人

ルナメアACを使ってみたいけど自分の肌に合うか心配という人もいますよね。ルナメアACは肌タイプに合わせ選べる2タイプと、肌にダメージを与えない低刺激のであることが特徴の化粧品。敏感肌でも使用できる大人ニキビ化粧品なのですが、コスト的に高い点がちょっとデメリットです。毎日使う化粧品はできれば安いほうが安心という方にはルナメアACを継続使用するのは困難かもしれませんね。

またこの化粧品はネット上での評判がとても高く、アットコスメをはじめ毎年様々な賞を受賞するベストセラー化粧品。そのためかなり効果を期待して使うと思ったほど効き目がでなかったとがっかりすることも。

大人ニキビを治す化粧品は薬ではありませんから、使ってすぐに症状が軽減したりニキビが完全に消える効果はありません。使うほどニキビ肌が改善されニキビができにくい肌へと変わっていくものなので、たとえランキング1位商品でも絶対に満足できると確信をもたないほうがよいでしょう。

人気商品を使ってみたいという人はルナメアACにどんな効果を期待しているか、化粧品の特徴などを正しく理解しておくと安心ですね。

効果が出ない時の使い方

大人ニキビによいルナメアACが合う人と合わない人、実感する効果はそれぞれ異なります。トライアルセットを使って肌と相性が良いと感じた時は、長く使ってさらに効果を実感したくなりますよね。そこでもっとルナメアACを活用するためには使い方のポイントについて覚えておきましょう。

一番満足できる使い方はライン使いする方法。クレンジング・洗顔料・化粧水・ジェルクリームの4種類を基礎として朝と夜でお手入れ方法を変えてみましょう。朝はまず洗顔料で優しく洗顔後、化粧水をたっぷり肌につけしっとりするまでなじませてください。さっぱり感やさらっとした使用感が欲しい人はノーマルタイプ、乾燥しやすい肌にはしっとりタイプが良いでしょう。

化粧水をつけた後はジェルクリームで仕上げ。肌のハリや弾力回復、またアンチエイジングにも良い有効成分も配合されていますので、30代以降の大人ニキビにも効果があります。また乾燥しやすい目元や口元などは仕上げのジェルクリームを重ね付けしてさらに保湿。夜はこの基本お手入れの最初にクレンジングでしっかりメイクや肌の汚れを落としてから毛穴ケアをしましょう。

ルナメアにプラスしたい生活習慣

大人ニキビによいルナメアACが合う人と合わない人、どちらのタイプでも必ずプラスしたいニキビ肌によい生活ポイントがあります。とくにルナメアACの毛穴ケアをサポートするためには、肌のハリを回復させるためのマッサージがオススメです。

年齢とともに肌は老化が進み表情筋の衰え、コラーゲンやヒアルロン酸不足などによりハリがなくなってきます。すると毛穴が開きやすくなるためさらに皮脂や古い角質が入りやすくなり大人ニキビができる要因なのです。

そこで注意したい点は肌のハリを保つこと。マッサージは顔の筋肉に刺激を与え血液やリンパの流れを活性化してくれます。ルナメアACの有効成分がさらに肌に循環しやすくなりますので、毛穴の奥まで浸透していく効果が期待できます。マッサージクリームや美容オイルなどを使って週に1~2回程度、定期的にマッサージをしながらルナメアACで普段のお手入れをするといいですよ。大人ニキビによい化粧品も合う人と合わない人がいますが、肌によい生活をプラスするともっと化粧品が使いやすく感じるでしょう。

公式キャンペーンサイトはこちら↓↓

https://fujifilm.jp/

コメントは受け付けていません。