生理前になると増える大人ニキビってなんとかなりませんか?

生理前になるとアゴに必ずニキビができます。白く目立ってメイクでもカバーできないほど。こんなニキビはとうしたらできなくなりますか。

大人ニキビを治す際に必ずと言ってほど困るのが生理周期との関係です。年齢とともに女性ホルモンの分泌も量が減りだし肌環境が不安定になります。排卵後から女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減り皮脂腺の活動が活発になるため、毛穴の詰まりが起こりやすい状態なのです。

生理周期を変えることはできませんが、スキンケアを見直すことは誰にでもできますよね。大人ニキビができやすい時期は、ニキビ用化粧品を活用してうまく皮脂のコントロールをすることが一番よい方法です。

大人ニキビ治すには生理周期と肌の関係を理解しておこう!

大人ニキビを治す一番の秘訣は、肌サイクルの変化を理解したうえで最適なスキンケアをすることです。わかってはいても生理1週間ぐらい前になると、どうしても大人ニキビができますよね。ここで正しくケアをしないとニキビ跡が残りもっとお手入れは大変になってしまいます。

思春期のニキビとは違う大人ニキビ、毎月のように悩まされる生理周期との関係について詳しくご説明したいと思います。スキンケアのサイクルを正しく守っていても、土台となる肌の働きに合っていないと意味がありませんよ。

大人ニキビと生理との関係について、押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

生理の前になると大人ニキビができる本当の理由について

排卵直前はエストロゲンの分泌により皮脂がいつもよりも少なく乾燥しやすい状態です。排卵が終わるとエストロゲンの量がさらに減りはじめるのですが、この女性ホルモンは美肌を作るための色々な作用があることが特徴。

そしてもうひとつつのプロゲステロンのはたらきにより皮脂線の働きが活発になることもプラスされ、生理前の1週間は肌がオイリーになってしまうのです。こんな肌環境があり、さらにバクテリアの活動も活発になるためアクネ菌が毛穴の皮脂や汚れを餌にしてどんどん活動を開始します。

とくにリンパ線の流れが滞りやすい部分は老廃物が溜まってるのでニキビやふきでものができやすい環境がありますので、アゴやフェイスラインは要注意ですね。赤いニキビ、白いニキビなどが広がり、とても目立つ厄介な大人ニキビです。

生理前の肌ってどうして綺麗に見えないの?

生理前になると、いくら普段から美肌ケアしていても朝起きた時のハリ不足や肌のくすみ、輝きの少なさはとても気になります。生理前になると減りだすエストロゲンは肌を乾燥させる要因になり、またコラーゲンやエラスチンなどの美肌成分の生成にも影響を与えてしまいます。

排卵の直前は肌によい成分が作り出されているので、ひと月の間でも一番肌のお手入れがやりやすく美肌を維持しやすい時といえるでしょう。女性ホルモンのバランスが崩れだす排卵後は、角質層の働きも乱れはじめ内部の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

さらにハリやツヤを作りだす成分が少なくなるため、生理前は大人ニキビの問題だけでなく肌の見た目も悪くなってしまう時期といえるでしょう。

ちなにみエストロゲンの分泌量が減ってくると以下のような症状が増えてきますよ。

エストロゲンが減ってくると増える症状

  • 自律神経が不安定になる
  • 乳腺の発達が遅くなる
  • 肌のツヤがなくなる
  • ニキビができやすくなる
  • 抜け毛が増える

生理前はスキンケアの習慣を変えるべきか?

女性によっては生理前でも肌トラブルが気にならないという羨ましい人も存在しますよね。でもほとんどの女性はホルモンバランスの変化により、生理前はなにかしら体の変化を感じていると思います。

生理前のスキンケアはとてもデリケートにしないといけませんが、近年大人ニキビを治す化粧品の種類が市場に多く登場していますよね。もし生理前の大人ニキビがひどい場合はこのような化粧品を使ってこの時期を乗り越えるもよいでしょう。

生理前のスキンケアでまず意識したいのが皮脂バランスを整えるケアで、寝る前や朝はオイルフリータイプの基礎化粧品がオススメです。サルチル酸入りの化粧品はニキビケアにとても効果がありますので、大人ニキビが繰り返しできる人に良いでしょう。

30代以降からは肌の老化もプラスされてしまうため、ターンオーバーが乱れやすくなかなか大人ニキビができやすい肌環境の改善ができません。そんな場合はレチノール入りの大人ニキビ化粧品を使い、夜のスキンケアでターンオーバーを活性化するのも方法のひとつ。古い角質層は綺麗にはがれないと毛穴の詰まりを招き、さらにアクネ菌のエサになってしまいますよ。
皮脂コントロールが大切なカギとなる生理前のスキンケアですが、やりすぎて肌を乾燥させてしまわないように注意してくださいね。

生理前は以下のような点を意識して夜のスキンケアをしてください。

生理前スキンケアのポイント

  • 保湿をしっかり行う
  • 肌に刺激が強い添加物入りの化粧品は使用しない
  • 大人ニキビを治す化粧品を使う
  • コラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分を補う

生理前の肌トラブルを予防するには正しく生理周期を把握しよう

生理前の肌トラブルはできるだけのことをしても、ホルモンの働きのせいでどうしてもニキビができてしまうこともあるでしょう。生理周期は人によって異なりますが、28~35日周期とあっという間に訪れます。

忙しい生活をしている間にもう生理直前、なんてこともありますよね。アゴにニキビができて生理前だということを知る人もいるでしょう。大人ニキビは治すよりも予防が一番大切。自分の肌環境を正しく把握するためには、ホルモンの分泌量が変わる生理周期を知ることが基本になりますよ。

手帳に毎月日付を記入している人もいれば、基礎体温でサイクルをチェックしている人もいます。女性の健康のために生理周期はとても重要なことなので、便利に管理するためにも最近はアプリを活用する人が増えていますよね。

生理日やサイクル日数を入力しておけば、黄体期がいつから始まるがすぐにわかるようになっていますので、こんなアプリがあれば肌環境が乱れるタイミングもいち早くキャッチできますよ。

生理前だけ使う化粧品を準備しておく

生理前は肌が敏感で皮脂分泌量が不安定になっていますので、普段使っている化粧品だとしっくりこないという人が多いですよね。排卵後から始まる肌の不調時期はこの間の不快な症状を抑えるだけでなく、大人ニキビのダメージをできるだけ抑制しておくことも大切な目的です。

もし生理前になると肌がヒリヒリするという人はこの間だけで低刺激化粧品に変えると安心ですね。大人ニキビが同じところに毎月できるという人は、排卵時期の少し前から大人ニキビを治す化粧品で皮脂バランスを整えましょう。

生理前は醜いニキビができやすいため、ピーリングでニキビケアをする人もいますがこのような刺激が強いスキンケアはできれば避けてくださいね。排卵後から生理が始まるまでの間は大人ニキビ予防を意識した化粧品を使って肌を整えることがオススメです。

生理前は肌がとても敏感になっていますので、化粧品をいきなり変えると肌の負担になることも。新しい化粧品を使うなら、生理後や排卵日の前にトライして肌との相性をチェックしてくださいね。

生理前の肌に良い生活習慣を心がけよう

排卵後は女性ホルモンのエストロゲンが減少するため、肌や髪などのお手入れが難しくなりますよね。この間に少しでも肌トラブルを回避するには、不足しがちなエストロゲンを補うこともポイントのひとつです。

でもホルモン注射をするような本格的なことは必要ありません。食べ物の中にはエストロゲンと似た働きをする大豆のイソフラボンや抗酸化力の高いビタミンEなど大人ニキビ対策に大変メリットをもたらす栄養が色々あります。

エストロゲンの補給は多すぎると逆に体に負担になる場合もありますので、食事から摂取する場合はサプリを飲まないなどうまく量を調整してくださいね。生理前のホルモンバランスを整えるために良い食べ物は以下のようなものがオススメです。

ホルモンバランスを整えるためによい食べ物

  • 豆乳
  • 豆腐
  • 納豆
  • ザクロ
  • オリーブオイルなど

セルフケアで治らない大人ニキビはPMSの可能性も

月経前症候群、通称PMSというのは生理の周期に伴い1~2週間前になると起こる症状です。イライラしたりだるくなる生理前の症状が普通よりも強く、生活に支障をきたすほどの人もいますよ。

PMSの原因はいまだにはっきりしない部分がありますが、考えられることとしてはプロゲステロンの影響やミネラルやビタミン不足、脳内物質のセロトニン不足などがあるといわれています。
さらに生活のなかで感じるストレスも生理前の症状を悪化させる要因になりますので、あらゆる角度から体のバランスを意識しないといけませんね。大人ニキビがひどく痛みや炎症が激しい、アゴ全体にニキビが広がるといった場合はPMSが考えられますので、気になる場合は婦人科で相談してみましょう。

低用量ピルを使った治療方法などもありますので、少しでも快適に過ごせるように自分にあった対策を見つけてくださいね。PMSの症状としては以下のようなことがあります。

月経前症候群の主な症状

  • 下痢
  • 吐き気
  • 無気力になる
  • 眠気
  • 乳房のハリ
  • 不眠
  • 便秘
  • ニキビ
  • 食欲増進
  • うつ

コメントは受け付けていません。