自分でできる大人ニキビ対策方法ってどれが一番オススメですか?

大人ニキビの対策は化粧品や食べ物など色々気をつけていますが、いまのところ効果が出るものがありません。薬には頼りたくないのでセルフケアで効果がある方法を教えてください。

大人ニキビ対策は女性なら誰でも通らないといけない肌トラブルといえるでしょう。最近は昔よりも効果の高い大人ニキビを治す化粧品が増えていますので、自分の肌に合ったタイプを選びスキンケアにプラスするといいですよ。

大人ニキビはホルモン、食生活、化粧品など色々な要因が複雑に重なっています。セルフケアのポイントは原因に合わせてアプローチすることなので、効果がない場合はほかの角度からケアをしてみましょう。

これでもう安心!大人ニキビに効果的でオススメの8のセルフケア

大人ニキビ対策は根気よく続けないとどんな方法でも効果が実感できません。「ウーマンヘルスジャーナル」というアメリカの雑誌で掲載された統計では、女性21~30歳までの約半数、31~40歳までの25%、41~50歳までの12%が大人ニキビで悩んでいるという結果が出ています。女性にとって大人ニキビは年齢に関係なく頭を悩ませる肌トラブルといえるでしょう。

大人ニキビはホルモンのサイクルや食生活、ストレスなど様々な要因により皮脂の分泌量が変わることが原因。肌トラブルは女性の健康バランスを示すサインでもありますので、慎重にケアをして原因を突き止めることも大切ですよ。

そこで早速ですがセルフケアで大人ニキビ改善にとても効果を発揮する8の方法をご紹介しましょう。

炭水化物を減らす

生理前は大人ニキビができやすい時期ですが、この間は食欲も異常なほどに増加するという経験はきっと皆さんにもあるでしょう。チョコレートなどのスイーツ系が欲しくなりつい食べ過ぎで体重が増える危険な時期です。

食生活は肌との関係がとても大きいため、とくにバランスを崩しやすい生理前は何を食べるか慎重に判断しないと大人ニキビができやすい要因です。とくに注意したいものが「炭水化物」。ごはん、パン、パスタなどの炭水化物は体内で糖質として蓄積されて皮脂の分泌量を増やしてしまう作用があるのです。

炭水化物に含まれる糖質はインスリンの分泌を増やし、肌が炎症を起こしやすくなったり皮脂腺が活発になる症状を招きます。オーストラリアのある統計によると炭水化物を制限している人は22%ほど大人ニキビがほかの人よりもできにくいという結果も出ていますよ。生理前は炭水化物よりも以下の食べ物を増やしましょう。

生理前に積極的にとりたい食材

  • 野菜
  • 発酵食品
  • 果物
  • 全粒粉パンなど

乳製品を減らす

2006年ハーバード大学の研究によると、1日コップ2杯以上の牛乳を飲む女性は飲まない女性よりも20%多くニキビができやすいことが分かっています。牛乳を飲むなら低脂肪やスキムミルクなどのほうが脂肪摂取量が少なくダイエットにもオススメです。

しかしスキムミルクによっては普通の牛乳よりも糖分が多く含まれたタイプもありますので、毎日牛乳を飲む人は必ず成分配合のラベルをチェックして以下のような点を意識して選んでください。

スキムミルク・牛乳選びのポイント

  • 糖質10g以下のもの
  • 無脂肪でなく脂肪1%程度にする
  • 糖分なしのアーモンドミルクにする

サプリを飲む

栄養バランスは肌環境を整えるためにとても大切で、偏食したり急激なダイエットをすると肌に必要な栄養素が不足してしまいます。大人ニキビが繰り返しできるのは、食事でなにかが不足しているサイン、もしくは過剰摂取しているサインともいえるでしょう。

多くの場合、肌に良いビタミンやミネラルなどは不足しやすく食べ物だけでは十分に摂取してないといわれています。そこでオススメしたい簡単な大人ニキビのセルフケアが美容サプリメントです。
美容サプリメントは目的に合わせて成分配合が違いますので、大人ニキビ対策にする場合はターンオーバーを安定させる亜鉛などのミネラル系、野菜不足な人はビタミン系など自分の食生活でなにか足りないか判断して選ぶと安心ですよ。サプリを選ぶ時は以下の点に注意してくださいね。

サプリ選びのポイント

  • 添加物が使用されていない
  • 1粒で多種類の栄養補給ができる
  • 長く続けられるものを選ぶ
  • 安全性をチェックする

ティーツリーオイルを使う

大人ニキビを治す化粧品のなかには、刺激が強い殺菌成分を配合したものがありますが肌に負担がかかるとさらに大人ニキビができやすくなります。そこで刺激の強い抗炎症成分や殺菌成分を使用しないためにオススメなのが「ティーツリーオイル」です。

昔からニキビケアとして愛用されているハーブのひとつで、肌にマイルドであることや天然成分なので安全である点が人気。ティーツリーとはオーストラリア原産の木で、葉っぱをつぶしたオイルでニキビの殺菌効果や肌細胞の炎症予防をしてくれます。

ティーツリーオイルはスキンケア商品の成分として使用されていますので、大人ニキビ対策で使う場合は5%程度の含有量のタイプを選びましょう。オーガニックストアなどに行くとティーツリーオイル入りの化粧水や洗顔料などが色々ありますのでぜひ参考にしてくださいね。

塩分控えめにする

塩分の摂りすぎは高血圧などの病気を招く原因になりますが、女性にとっては大人ニキビを悪化させる要因でもありますので注意が必要です。塩に含まれるナトリウムは過剰摂取すると老廃物として体内に蓄積されていきます。

塩分は体内で水分を大量に含みやすくなり、ふくらはぎのむくみなどの症状を起こす場合もありますよね。また老廃物が溜まると血液の流れが悪くなりますので、頭や顔など血流が悪くなりやすい部分には栄養が届かなくなってしまいます。

大人の理想的な塩分摂取量は1日で1500㎎以下にすること、また次の食べ物には意外と塩分が多く含まれていますので、美味しいとはいえ食べ過ぎに注意してくださいね。塩分を過剰摂取しやすい人は有酸素運動で汗をたっぷりかいてデトックスしましょう。

塩分の多い食べ物

  • パン
  • トマトケチャップ
  • ピーナッツバター
  • シリアル
  • チーズ
  • スポーツドリンク
  • ノンファット製品
  • 缶詰
  • ハムやソーセージ

ストレスを改善

ストレスはそれだけでも独立した病気のようなもの。さらにストレスが原因で引き起こされる症状は、深刻な病気も多く普段からストレス対策は欠かせません。ストレスが増えると自律神経の働きが不安定になり、ホルモン分泌量が変わってしまいます。すると皮脂腺の働きが活発になったり肌のターンオーバーが乱れるなど肌にはまったくよいことがないのです。

ストレスによる大人ニキビはきっと誰でも経験があるでしょう。ストレスは肌が炎症を起こしやすくなり、さらに胃腸活動を不安定にし栄養の吸収分解が正しくできない理由にもなります。ストレス対策は普段から意識しながら続けることが重要ですが、ライフスタイルに合わせてエクササイズや瞑想など自分に合った快適なリフレッシュ方法をスタートしてくださいね。

レチノール入りの基礎化粧品

大人ニキビがそれほどひどくない場合は洗顔料を見直すだけでもかなり効果が期待できます。普通の洗顔料でなく殺菌成分が配合されたものや保湿効果が高いタイプを使えば、皮脂バランスが整い毛穴の汚れが取り除かれアクネ菌が活動できない環境になります。

さらにプラスしたいものがレチノール。アメリカで人気があるニキビの治療薬としてもお馴染みですが、レチノールは思春期ニキビではなく大人ニキビの改善に特化している点が特徴です。

大人ニキビは毛穴の出口付近の角質が厚くなる「角質肥厚」ということが要因にもなり、ホルモンの乱れや皮脂分泌量、雑菌などが原因といわれています。このような角質層の異常はレチノールが持つピーリング効果がとても効果的。余分な角質層を剥離してターンオーバーを活発にするメリットもあります。

ドラッグストアで購入したニキビ薬があまり効き目がないのは、大人ニキビと思春期ニキビは根本的に原因が違うため。30代以降から気になる大人ニキビはシミやシワケアも同時にできるレチノール入りの化粧品を使うとよいでしょう。レチノールはコラーゲンの生成をサポートしてくれるので、肌のハリ回復にもなりますよ。

サルチル酸をプラスする

サルチル酸はニキビケアの商品でお馴染みの成分。価格が安いためあらゆるスキンケア商品で使われていますが、数百円程度のコスメから何千円もする洗顔料などタイプは色々あります。
サルチル酸は角質層を柔軟にする働きがあり、古い角質を溶かしてターンオーバーを活性化する効果があります。また角質層が柔らかくなると化粧水の成分の浸透率もアップするため、効率的なニキビケアができることも魅力ですね。

しかしサルチル酸は角質層を無理やり溶かす働きがあり、肌がヒリヒリしたり乾燥する副作用もありますので大人ニキビ化粧品を選ぶ際は、必ず肌チェックをしてから判断しましょう。サルチル酸入りの化粧品は化粧水や洗顔料、クリームなど色々なタイプがありますので、ひとつだけプラスして肌の状態を見るのもよい方法ですね。

大人ニキビでも25歳前後の肌に合う成分なので、肌年齢が気になる人は保湿成分が配合された化粧品でアプローチしたほうが安心ですよ。

コメントは受け付けていません。