大人ニキビは年齢や肌の状態に合わせたケアが必要な理由

大人ニキビは年齢ごとの肌環境に合わせたケアがとても大切です。複雑な要因がいくつも重なりさらに年齢により肌の働きが低下しているので、アンチエイジングを意識しながらのニキビケアが欠かせません。女性の肌は時期的にバランスを崩しやすくなることもありますので、ニキビができやすい時期を知り年齢に合ったお手入れをしましょう。

大人ニキビの年齢ごとのケアとは

  • 生理周期によるニキビケア
  • 20代ニキビ
  • 30代ニキビ
  • 40代以降のニキビ

以上4つの点を見ていきましょう。

生理周期にできやすいニキビケアのコツについて

大人ニキビは年齢との兼ね合いも大切ですが、女性の場合は生理前や生理中のニキビが悩みのひとつになります。なぜ生理前になるとニキビができるのか、それは黄体ホルモンの影響で皮脂腺が活発になっているため。とくにあごや口の周りはホルモンの影響を受けやすい場所なので、保湿をしっかりやっておかないと毎月同じところにニキビができますよね。

また生理前は黄体ホルモンが増加するため、肌の善玉菌である抗菌ペプチドが減少し、アクネ菌の活動が活発になってしまいます。肌のバリア機能が弱くなり外部からの刺激を受けやすい状態のため、生理前はむやみに汚れた手で肌を触ることも避けたほうがよいでしょう。

生理2週間前ほどからホルモン分泌が変わっていきますので、この時期はスキンケアでは保湿をとくに重視してください。

20代のニキビケアで意識したい点について

20代のニキビケアで注意すべき点は肌の乾燥対策。20代前半は思春期のニキビ原因をそのまま引きずっている人もすくなくありませんが、いつまでも刺激の強いアクネ対策では肌の乾燥が悪化してしまいます。

また20代は生活リズムが不安定になりやすいため、睡眠時間を増やして肌を休ませることも大切ですよ。大人ニキビができやすい時は専用の化粧品を使い、普段から予防対策を行ってください。

大人ニキビ化粧品には年齢制限などははっきり表示されていませんが、20代は乾燥対策ができるコラーゲンやヒアルロン酸入りがオススメ。またニキビ跡を将来残さないためにも、無理にニキビをつぶしたり触ることは避けてくださいね。

30代のニキビケアはライフスタイルに合わせよう

30代の肌は老化が徐々に気になる年齢で、大人ニキビができるとなかなか治りにくくなります。家事、育児、仕事のストレス、また出産により肌環境が変わってしまう人も多いですよね。

30代の大人ニキビケアはライフスタイルに合わせて続けやすいスキンケアを行ってください。ニキビは一時的に症状を軽減するだけでなく、肌質を改善して新しいニキビの悩みを作らないことが最終的なゴールです。

そこでオススメしたいのは大人ニキビのシンプルケア。忙しい朝でもしっかり美容成分が補えるバランスの良い配合成分や、オールインワンタイプを使うのも方法のひとつ。また栄養バランスの偏りも30代になると目立ちますので、サプリをプラスして肌環境を整えることもよいでしょう。

40代のニキビケアはアンチエイジングをプラスして!

40代の大人ニキビは20代と比較すると頻度は減りますが、一度できるとしっかり跡が残ってしまう点が悩み。これは加齢により肌のターンオーバーが低下しているサインなので、ニキビケアとアンチエイジングを同時進行させましょう。

40代の肌にはビタミンEやビタミンCなどの抗酸化成分がオススメ。低下する肌細胞の働きを活性化してニキビの治りを早め、皮脂バランスを整える点がポイントです。

また年齢とともに肌のバリア機能が低下していますので、刺激の強い有効成分よりも優しくお手入れが続けられるように無添加や低刺激タイプのニキビ化粧品を選んでください。

まずトライアルセットで肌チェックをしてから比較すると失敗なく選べますよ。

コメントは受け付けていません。